MENU

オメガ3脂肪酸は食品から摂取します

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられ、不飽和脂肪酸はオメガ3脂肪酸、オメガ6、オメガ9に分類されます。オメガ3脂肪酸は魚油に含まれるDHAやEPA、えごまなどの植物油に含まれるαリノレン酸で、血流の改善やコレステロール値の低下など様々な効果が期待できます。脂肪酸は細胞が正しく機能するためには大変必要なものなのです。またオメガ3脂肪酸は体内では合成できないため、食品から摂取する必要があります。
オメガ3脂肪酸の効果は、コレステロールを下げる、中性脂肪を下げる、脂質異常症の予防、高血圧の予防、心血管疾患の予防、体内の炎症を抑える、がんの予防、眼病予防、脳機能の活性化、うつやアレルギーの抑制、免疫力の強化、ダイエット、美肌効果など多岐にわたる効果が期待できるのです。
オメガ3脂肪酸が多く含まれる食品には、青魚があります。青魚にはDHAやEPAがそのままとれるため積極的に食べたい食品です。含有率が多い順番は、マグロ、ブリ、サバ、サンマ、うなぎ、イワシ、ニジマス、鮭、アジです。1日の摂取量の目安はイワシなら2尾です。オメガ3脂肪酸は油に含まれる成分で、焼き魚にすると油が落ちて減ってしまうため、汁もので摂取する調理法が好ましいです。煮魚にする場合は煮汁まで食べられるように薄味にすると良いです。また加熱に弱いため刺身も良い方法です。青魚以外にはえごま油、亜麻仁油、くるみなどがあります。